イボ痔体験記!痔の手術での入院期間はどのくらいだった?入院中の過ごし方について

痔の手術を受けることが決まり、いよいよ入院。

症状や病院の方針によって、もちろん前後すると思いますが・・・

へもへもの入院期間は、
14日間でした。

そこで今回は、入院期間はどのくらいだったのか、そして、入院中の過ごし方など、入院中のスケジュールについて綴りたいと思います!

へもへも
へもへも

専門的な内容についてはこのブログでは触れません
あくまでも私の体験をもとに綴っています
必要に応じて然るべき専門家、医療機関にてご相談ください

痔の入院のクリニカルパスって?

入院する際には、あらかじめ事前説明を受けました。

その際「クリニカルパス」というものを頂きました。

要は、「旅程表」みたいなものです。

入院は、気分が落ち込みがち。

なので、今までよりもっと良くなるためにリゾート地へのリトリートツアーに参加すると思うようにすれば、少しでも気分がアガりますよ(* ˃ ᵕ ˂ )b

リトリートツアーの旅程表だと思えば、なんだかワクワクしてきませんか?

へもへも
へもへも

病は気から!
気分アゲていこう!!

手術2日前

入院と手術についてのオリエンテーション
身長体重測定
入浴

手術1日前

15時下剤を飲む
21時以降飲食不可
入浴

へもへも
へもへも

下剤は紙コップにたっぷり1杯
ポカリスエットみたいなお味で飲みやすかったです!

効くまでに時間がかかりました
夜中過ぎてから何度もトイレに・・・(^^;)

手術日

手術前

浣腸
点滴
歩いて手術室へ

へもへも
へもへも

下剤効果での前夜からの下痢なのに

まだ浣腸するなんてエグイ・・・

手術後

点滴
ベッドで安静
6時間経過後

状態が安定していたら歩行&飲水可

へもへも
へもへも

手術前後のお話はまた改めて綴りますね!

手術1日目

朝から飲食可
状態が安定していたら
カテーテルを抜く
入浴&坐浴

へもへも
へもへも

ここから実は「坐浴」という謎の言葉が登場しますw

こちらについてもまた改めて綴りますね!

手術2~9日目

入浴&坐浴

手術10日目

入浴&坐浴
退院についての説明

手術11日目

傷に問題がなければ退院

へもへも
へもへも

嬉しさと不安が混ざりつつも予定通り退院となりました

痔の入院中の過ごし方は?

  • 安静にする
  • ウォーキング
  • 水分摂取

へもへもの場合、主に上記3つを繰り返していました。

へもへも
へもへも

とにかく入院中のテーマは
リラックス&快便!!笑

安静にする

「痔」とは言えども、大なり小なり、身体に麻酔をかけて手術を行ったわけですから、心身ビックリしています。

ベッドで横たわり、ゆっくり安静に過ごすことは、治癒力を高めることに繋がり、とても大切なことです。

とは言え、へもへもの場合は大部屋だった為、周囲の声や音が気になり、なかなか睡眠できませんでした(;^ω^)

映画等の動画視聴したり、音楽を聴いて、安静に過ごしていました。

イヤホンを装着することで耳栓代わりにもなりますし、動画のストーリーに集中することで、傷の痛みも忘れられ・・・
ませんでしたが(笑)
少しでも気分を紛らせることができました。

ウォーキング

「ウォーキング」と言っても、もちろん外ではなく、院内で、のお話です。

手術直後は、傷の具合によっては安静が必要ですが、「肛門のリハビリテーション」として、早速毎日の排便を心がけさせられ、理想的なお通じを目指します。

傷、めっちゃ痛いけど
出さねばなりません!

安静ももちろん大切なことですが、運動不足になると、身体の巡りが滞る為、便秘になりがちです。

看護師さんからも、体調が良ければ無理のない範囲での院内ウォーキングをおススメされていました。

そんなわけで、術後2日目から、院内ウォーキングを開始。

入院中ですが、私・へもへもは、しっかり毎日2,000歩以上歩いていました。

へもへも
へもへも

ご参考までに
16日⇒入院日
18日⇒手術日
29日⇒退院日

です!

水分摂取

手術後は、先述通りに早速、肛門のリハビリがスタートします。

はっきり言って、傷はめっちゃ痛いです。

と言うか、出すのが怖くて、委縮してしまうのです(涙)

ですが、これで排便を我慢してしまうと、元の木阿弥!

自然な便意と自然な固さのお通じを目指したいところ。

便が硬くなって出にくくならない為にも、ウォーキングと共に、水分摂取を心がけるようアドバイスを受け、しっかり摂取。

目安は1.5~2ℓとのことでしたが、私・へもへもは、3ℓ摂取していました。

しかし、水分だけ大量に一気に採ると、ただただ、尿として排泄されてしまいます。。。

その為、お食事の際にはゆっくり噛んで、少しずつ、多めに。

そして、お食事以外の際にも、一気に採るのではなく、こまめに、少しずつ、水分を採るように工夫しました。

ちなみに、入院先であるF病院では、こんな感じのシートで、お通じの硬さや、量、排便の時間等、排便にまつわるあれこれを管理していました。

へもへも
へもへも

へもへもは

術後2日目からお通じがありました!
ウォーキングと水分摂取のおかげで
入院中は便秘なし!でしたv(≧∇≦)v

とにも、かくにも、全ては快便のため!なのです。

まとめ

長い入院期間中のテーマは、とにかく、リラックスして快適に過ごし、快便を目指すこと。

無理せず、焦らず、完全治癒に向けて、まずはゆっくりとお過ごしくださいね!

痔でお悩みの方々にとって、少しでもお役立ていただければ幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました(* ˊᵕˋㅅ)

タイトルとURLをコピーしました